lecturer

加藤 有華

加藤 有華 加藤 有華

宮城県仙台市出身

3歳よりクラシックバレエを始め「仙台シティバレエ研究所」 橋浦勇、今村昌子に師事。
松山樹子、北原秀晃に特別指導を受ける。

14歳「東京新聞 全国舞踊コンクール」3位。
弱冠16歳で松山バレエ団の中国公演に特別参加し、国交回復前の北京・上海・江安・西安などの中国各地で公演。

18歳 松山バレエ団へ入団。NHK「バレエの夕べ」など多数出演。
翌年、バレエ団代表として、松山樹子、清水哲太郎、森下洋子らと共に中国・北京・上海へ渡り、中国民族舞踊修得。
バレエ団ソリストとして活躍する傍ら、イタリアオペラの日本公演「アイーダ」に出演、日本バレエ協会の公演にも出演

1982年
松山バレエ団を退団し、小林恭バレエ団にプリマとして移籍。
日本初公演「ガイーヌ」を出演し、好評を得る。
ロイ・トバイアスによる「オルフェイス」での客演もしている。

1991年
小林恭バレエ団を退団しフリーとなり、小林亜希子・高木俊徳他多くの振付家の作品に出演。

2004年
伊達家十八代当主 伊達泰宗氏の原作による~伊達政宗を愛した異国の女性「ジュリア」~の構成・演出・振付をし、仙台の地で初演。主役のジュリアを見事に熱演し、絶賛される。

2006年
真帆花ゆり「幸せの曲角」の振付を担当。
近年は、加藤有華バレエスタジオを主宰し、後進の指導にも力を入れ、下図多くの生徒がさまざまなジャンルで活躍している。
トリノオリンピック金メダリストの荒川静香選手のバレエ指導も行った。
個性的なダンサーとして、演出・振付家として活躍中。

加藤 暖恵

宮城県仙台市出身

5歳よりバレエを始め、1983年より加藤有華に師事。

1999年
仙台バレエ&モダンダンスフェスティバル「シンデレラ」、宮城県洋舞団体30周年記念公演「白鳥の湖」にて主演。

小林恭、佐藤勇次、夏山周久に師事。2003年小林恭バレエ団公演にソリストとして出演。翌年「韃靼人の踊り」にて主演。

2004年
創作バレエ「ジュリア」初演にて20歳のジュリアを踊る。

加藤有華バレエ公演のほぼ全公演に出演し高木俊徳、上田遥作品も踊る。その他バレエ公演に多数出演。
加藤有華バレエスタジオ所属。

舞台化と同の傍ら後進の指導にもあたっている。